オフィスに住まいにLED照明!!その進化と将来性

オフィスに住まいにLED照明!!その進化と将来性

LED照明技術の進化

照明を取り巻く世界は省エネルギーのトレンドだけでなく、新たなデバイスであるLEDや有機ELの開発によりめざましく技術進展しており、さまざまな業態に新しい活況と新風を吹き込んでいるといえるでしょう。LEDの登場によりこれまで以上に照明に関心を持つ層が増えていて、建築設備設計に携わる設計技術者や建築デザイナー、ほかにも照明提案アドバイザーや一般消費者まで幅広い分野の人びとにまで及んでいます。照明とは直接関係のなかった産業分野のエンジニアや光応用分野など幅広い業態への広がりも見られているのですよ。


光源の特徴をいかして

LEDチップそのものは点光源のため本来指向性の強いスポット照明やダウンライトのような使い方が適しているでしょう。さらに一般照明や蛍光灯の様なベース照明としても使用できるようにさまざまな商品が登場しています。キッチンのシンクやカウンターの上に収納棚がある場合には蛍光灯やLEDのライン照明などを使って間接照明を手元の明るさを撮る手法が効果的です。また、近年、多く見られるオープンキッチンやラウンド型スタイルでは天井にダウンライトやペンダントなどの照明器具を設置できるので、LED照明などある程度、集光した配光を持つ光源を使えば魅せるキッチンが演出できますよ。


オフィス照明への導入

一般のオフィスビルのエネルギー消費量に占める照明の割合はおよそ21パーセントですので、節電という意味でも照明は注目の的になっています。しかし、従来のラビット型蛍光灯器具の蛍光ランプだけを交換して使用できる直感型LEDランプは課題が多く見受けられていました。そのため、新たに専用ソケットを装備したものが登場してからは、一体型LEDベースライトが一気に普及し、施工性やリニューアル対応性も高いといえるでしょう。また、今後は天井構造とマッチした耐震性の向上や落下防止対応器具などの登場が期待されています。



LEDライトパネルを選ぶポイントは通行人にサービスを的確に案内し、人件費を減らせるように目的を決めて探すと効果的です。